mainimg

スクリーンショット 2015-10-21 15.42.56

スクリーンショット 2015-10-21 15.45.39

内容紹介

韓国旅行に行った時、北朝鮮と韓国の紛争が突然起きたら・・・・・。

「第2次朝鮮戦争」。
数年前には現実的でなかった出来事が、今年に入って韓国と北朝鮮の関係悪化により、起こりうる可能性が出て来ました。

特に在韓邦人は3万人、在留邦人も1万人前後いる現在、第2次朝鮮戦争が突然勃発したら、我々はどのように日本に帰国すれば良いのでしょうか? どのように安全を確保すれば良いのでしょうか?

そんなシミュレーションを、マンガという柔らかい表現手段で制作致しました。

どのような準備が必要なのか?
どんな情報源に基づいて避難するのか?
どのルートを通れば安全なのか?
どんな場所に避難すれば良いのか?

これらを徹底的に考察して、現地取材を敢行。初めて韓国を訪れた方でもわかりやすく避難ルートが理解出来るようになっています。

70ページに及ぶマンガと30以上のコラム、オリジナルのソウル避難マップ、日本語の通じる救急病院マップも掲載。有事の際の逃走経路も含め、これ一冊で朝鮮有事が起きた際のソウルでの避難マニュアルとしてご活用いただけます。

2013年、韓国に旅行されるご予定の方は必携の電子書籍です。

本書籍は電子書籍のみの販売です。Amazon Kindleストアでお求めいただけます。

あらすじ

韓国旅行に来ていた家族は、韓国と北朝鮮の紛争に突然巻き込まれ・・・

2013年7月6日夜8時、ソウルのホテルに泊まっていた青木家の3人は、突如大きな爆発音を聞いた。

政府の中枢機能である青瓦台が燃えている。至る所で爆発が起きている。逃げ惑う群衆の中、家族は別々の場所にいた。

ホテルで緊急事態に遭遇する妻と小学校3年になる男の子。ホテルから3キロ離れた繁華街で危機に直面する夫。ソウル在住の美人ライターが妻を安全な場所へ導こうとする。初めて出会った初老の軍事評論家が夫を危機から救おうとする。

刻々と変化するソウル市街で、韓国脱出を試みる家族が、いかに正しく情報をつかみ、生き残ろうとするのかを、ソウル脱出まで描いている。

果たして5人は、無事に日本へ帰国する事ができるのだろうか?

※本編は全て漫画にて構成されています。

登場人物

青木希望(あおきのぞむ)
東京在住の商社マン、35歳。国際貿易を担当している。韓国との取引はないが英語は堪能。部署は液化天然ガスの輸入部門。カナダのガスプラントとの交渉担当窓口係長。国際情勢の知識は豊富。青木夢(あおきゆめ)
希望の妻、34歳。結婚10年目の専業主婦。大学を卒業後、2年間夫と同じ会社に入社、その後結婚をして退社。すぐに子供が生まれた。仕事に生きるよりも家庭を大切にする今時珍しい主婦。性格は明るく、前向き。困難なことがあっても常にポジティブ。青木翼(あおきつばさ)
希望と夢の息子、9歳。都内区立小学校に通う小学3年生。やんちゃで破天荒、いつもママを困らせている。特技はサッカー、足が早い。甘えん坊の所はあるが、いざとなるとママを助けようとする熱血漢な所もある。京橋京子(きょうばしきょうこ)
韓国在住の日本人、年齢不詳。仕事はフリーライター、韓国の最新情報と土地に詳しい。韓国語はペラペラでハングルも読める。韓国俳優の追っかけを経て、韓国が大好きになり、滞在している。韓国に住んで短期ビザを取得しながらはや8年。韓国ファンの間では「ソウルマスターK」と呼ばれ、有名。情にはもろいが、対人交渉力は随一。テコンドー2段の腕前。郡司剛(ぐんじ つよし)
軍事評論家で作家、59歳。もと陸上自衛隊で、軍事的な知識は豊富。今回の旅行は取材の一環で、キナ臭い空気を感じて渡韓した。何があっても逃げられるようなサバイバルの準備をしている不思議なおじさん。韓国には30回以上来ており、土地勘もある。声が大きい。

ここがポイント! 

1時間で読めてすぐに理解出来る、韓国脱出マニュアルは日本の出版物としては史上初の試み。
2、全編マンガでありながら、ソウルからできるだけ安全に避難出来る手法をわかりやすく、かつ詳細に網羅。
3、避難マップやいざという時の避難用具、緊急時の医療施設マップ、紛争時に役立つコラムが満載。巻末には避難マップや医療施設マップのまとめが載っているので緊急時にすぐに使えます。